こころ 人間関係

周りがどう思っているか気になるあなたが、素敵な世界で生きる方法

投稿日:2018年9月18日 更新日:

周りが気になる。周りにどうわれてるかが気になる、周りにどう言われてるかが気になる。嫌われてないか不安etc….。私達は他人が気になる。そういうふうにできてます。人の脳の前部帯状回は、他人と意見がずれるとピコーンと反応します。ここの部分は、様々なエラーの検出を行っている部分です。脳は他者について気になって仕方ないんですね。これは、みんなそうです。今回は、他人に悪く思われたらどうしようというネガティブな感情から脱却する方法をお伝えします。

周りがどう思っているか気になるあなたが、素敵な世界で生きる唯一の方法

私達は何を事実とするかを自分で選ぶことができます。例えば、誰かに嫌われるとか、相手にされてないとか、必要とされてないとか。これって単にあなたが現実をそういう風に主観的に解釈してるということで、事実はわかりません。しかし、あなたがそういうふうに解釈していると、脳の中ではそれが本当だろうか勘違いだろうが、関係無くそれが事実として処理されています。それを上手く利用して、この世界を平和で素敵な人にあふれる世界に変え、ネガティブな感情から脱却するために、大事な2つのことをお伝えします。

他人は分からない

あなたが周りに優しくなること

. 他人は分からない。

まず、大事な大前提として他人のことは分からないなと諦めちゃうことです。

人のことを、わかったつもりになることは多々ありますけど、ほとんどが割と間違った認識だったりするから、他人は分かんないなっていうことを分かっておくことが大事。他人を分かったつもりになるなんて割と傲慢でしょ?分かるわけがない。だって他人ですもん。相手の気持ちを分かったつもりになって、自分で妄想した他者の気持ちに攻撃されて、自分がそういうダメな人間だって思い込むのは、不幸です。あなたが頭の中で一生懸命こねくり回しているのはあなたの妄想・あなたの解釈であるということを、認識しましょう。他人の気持ちだと思っているものはあなたの作ったものなのですから、それは作り手であるあなたが操作できるものになります。まずはこの心構えが大事。どんなときでもあなたの頭の主人はあなたです。

2.あなたが周りに優しくなること

1を踏まえた上で、あなたの周りの世界が優しくなるために効果抜群な方法は、他人に対してあなた自身が敵意を持たないことです。他人が自分について何を考えているか判断するときに、あなたが参照しているのは自分自身です。

人は多くの場面で自分を利用して他人を理解します。だから、あなただったらそういうとき、他人に対してどういう気持ちを抱くのか、ということがかなりの部分他者の気持ちを妄想するときには参照されている。たとえば。

車を運転している時、対向車が来ていてなかなか右折できません!

しかも道幅が狭い道路で、後ろの大きい車はあなたの車を抜けず、あなたの右折を待ってる。

みたいな状況になったときに、「絶対後ろの人怒ってる・・!」と焦る人と何も気にしない人と色々いると思うんです。つまり、相手の情報が少ない時、私達は自分だったらどう思うかを参照して他人の気持ちを妄想するってことです。

だから、あなた自身が他人に寛容に接していれば、あなたが勝手に分かったつもりになってしまいがちな他者も、あなたの妄想の中であなたに優しい、ということです。邪推しない。邪推の邪は、私から来てるのだから。

それから、もう1つよくあるパターンはあなたが自分に自信がないパターンです。あなたが自分に自信が無くなっている場合にも、あなたはあなたの妄想の中で他者の言動すべてネガティブにとらえてしまう。これは自分に対して寛容になる必要がありますね。これについては、「どうやったら自信が持てる?自信をもつために大事なこと」に書いてあるので良ければご覧ください。

ポイント

①他人のことをわかったつもりになることは傲慢。分かるわけがないと心得よ
②他人の気持ちを推理する時、反映されてるほとんどは私の気持ち。自分が思われたいように他人のことを思いやると、自分もそういう風に思われていると思いこむことができる

思考を習慣にするには時間がかかりますが、確実にあなたを変えてくれます。この思考で素敵な世界の住人になりましょう!

ちなみに思考を習慣にする方法!は、こちらをご覧くださいまし。

  • この記事を書いた人

いずみ (Izumi)

みんなが、完璧な人間等というこの世界に存在し得ない何かを目指して消耗するのを諦めて、自分が好きな自分であるために実りある投資ができるよう、情報を発信していきます。

-こころ, 人間関係
-,

Copyright© Update yourself , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.